ダイエット中にどうしてもお酒を飲みたくなったら? ダイエットとアルコールの共存を考える

更新日:

ダイエット中なんだけど、お酒飲みたいってことありませんか?

蒸留酒はエンプティカロリーだから飲んでも太らないという噂もありましたが、一概にそうとは言えないようです。

できれば飲まない方がいいのはわかっていても、我慢するのがたいへんな時もあります。

そんなダイエット中のお酒、どうつきあえばいいんでしょうか。

できるだけうまくお酒と付き合う方法を模索してみます。

ビール

 

アルコールの吸収を緩やかにする対策

 
アルコールは体に吸収されると優先的に解毒、消化、排泄といった処理をされます。

アルコールを飲んでも後日に影響を残さない、代償を最小限に抑える方法を調べてみました。
 

飲む前に(太らないものを)食べる。

空腹の状態でお酒を飲んでしまうと体への吸収スピードも速くすぐに酔いが回りますし、なにより体に悪いのでやめましょう。

飲む前に何か食べておくとアルコールの吸収が穏やかになります。

牛乳やチーズオリーブオイルなどの良質なオイルを飲む前に摂取しておくと胃に膜を張ってくれたりアルコールの吸収をおさえてくれるので効果的です。

アルコールは主に肝臓で分解されます。

アルコールは毒素と認識され最優先で分解しようとしてしますので、飲んでいる時に食べたおつまみの糖質は、肝臓で処理をされずに中性脂肪となってしまいます。

 

炭水化物(糖質)は控えめに

 
お酒を飲むと肝臓はアルコールの分解を最優先としますので、糖質は控えるべきとなります。
 
パンやパスタ、米、芋などで出来たつまみは控えて、野菜や肉、魚などのおつまみをチョイスするのが理想です。

 

お酒の量はひかえ、水分をまめに補給

 
お酒と一緒にお水を飲むようにすると、飲みすぎをある程度抑える効果があります。
 
トイレに行く回数も増えますので、アルコールの抜ける速度も改善できます。
 
必要以上に飲んでしまわないようコントロールを心がけましょう。

水分が足りないと二日酔いや翌日のむくみの原因になることもあります。
 
お酒を飲んだ後は体が水分を欲しますので適度に水を飲みましょう。

特に寒い時期は体や内臓を冷やさない為にもお湯割りでアルコールを薄めてあげると一石二鳥ですね。
 

できるだけ蒸留酒を選ぶ

 
女性の好きな日本酒やワインなどは醸造酒に分類されてしまいますが、醸造酒は一杯だけにして2杯目以降は蒸留酒をチョイスするべきです。

カクテルは糖分が多いので甘いものは特に避けた方が無難ですね。
 
糖分を抑えるためにカロリーの低い甘味料やダイエット用の人工甘味料を使ったメニューを選べばカロリーを抑えながら甘いお酒を楽しめます。

バー

 

エンプティーカロリーでも太るんです

 
アルコールはエンプティーカロリーなので太らないという話がありますが、そう単純にはいかないようです。
肝臓がアルコールを処理していると、アルコール以外の物を処理するのがまにあわなくなってしまうんですね。

また、お酒にはアルコール以外にも原材料の持っているカロリーがありますから、日本酒と焼酎を比べれば原材料の持っているカロリーが多い日本酒の方が太りやすいということになりますので。

お酒のおつまみにはタンパク質を多く含んだものがいいということになります。
 
糖質やアルコールを分解しやすくなりますし、おなかも膨れます。
 
また、お酒のあとの帳尻合わせのしやすさもメリットになります。

玉子や大根、豆腐や枝豆など豆類が特にオススメですが、プリン体には注意が必要ですね。
 

アルコールとうまく付き合うには

 
毎日の生活と体型の維持の為には、アルコールは週に2回程度、一度に1~2杯までと適度に飲むのがよいです。
スナック類などのおつまみは取り過ぎないよう注意しましょう。

野菜スティックなどが理想ですね。

これを水やお茶をまめに飲むことでアルコールの排出と解毒を助けてくれるので水分もまめに。

 

ノンアルコールビール類は過信しない

 
ノンアルコールビールのお酒は添加物が多く含まれていることがありますので、過信は禁物となります。
 
アサヒ ドライゼロ ノンアルコールなどの原材料には酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)などが含まれていて添加物は多めです。

できればノンアルコールビールよりも炭酸水の方が代替手段としては優れているようです。
 
うまく味付けを考える必要はありますが、のどごしは楽しめます

 

アルコールの処理には肝臓の働きが頼りになりますので、食物繊維が豊富な野菜サラダや海藻の酢の物がおつまみとしては理想です。

・・好き嫌いが無ければですけども。^-^;

うまくお酒とつきあって、結果にコミットできるダイエットライフを送りたいですね。

 

ジンとダイエット

-ダイエット
-

Copyright© ダイエットの口コミや効果的な方法をまとめます。Dietbe. , 2017 AllRights Reserved.