ベビーフードダイエットのデメリット!?リバウンドに注意

投稿日:

あかちゃん

とあるテレビ番組で紹介された「ベビーフードダイエット」が話題になっています。

ベビーフードダイエットは、マドンナなどハリウッドセレブのトレーナーとして有名なレーシー・アンダーソンが考案したダイエット法です。

レディーガガやジェニファー・アニストンが実践したということで、雑誌などにも取り上げられています。

番組では「朝食と昼食を栄養バランスがいいベビーフードに置き換えて、摂取カロリーを下げることで健康的に痩せる」と紹介されました。

1週間ダイエットの結果は-3.1kgで、これを見ると確かに効果があったようにみえます。

そんなことから、一部の販売店では商品棚からベビーフードの在庫がなくなるくらいの反響があるようです。

しかし、ベビーフードダイエットにはデメリットがたくさんあるんです。

それについて、ご説明します。

ベビーフードダイエットの方法

ベビーフードダイエットは1日2食を置き換えるダイエット方法です。

・朝食と昼食、間食をベビーフードに置き換える

・ベビーフードは14食(1000kcal)までに抑える

・夕食は野菜を中心にした栄養バランスのとれた食事を少量たべるようにする

といった内容になります。

夕食では普通の食事を取ることができますが、肉類は脂肪分の少ないものにする必要があります。

ベビーフードダイエットのメリット

ベビーフードに食事を置き換えた時のメリットは次の二つです。

消化がよく胃腸の負担が少ない

ベビーフードは赤ちゃんの為に作られた食事です。

ペースト状ですので消化がよいので、胃腸に負担がかかりません。

脂質や塩分が少なくて低カロリー

1食で60kcal前後とカロリーが低く、脂質も0.1~0.3程度とひかえめになっています。

あかちゃんにあわせているので、栄養バランスも取れているといえます。

ベビーフードダイエットのデメリット

低カロリーで低脂質、栄養バランスも取れていると聞くといいように思えますが、デメリットも存在します。

味が単調で飽きる

ベビーフードは薄味でペースト状になっています。

種類はたくさんありますが、大人にとっては味気なく感じてしまい飽きやすいです。

その為、せっかく買っても食べるのが苦痛に感じてしまうかもしれません。

お金がかかって割高

ベビーフードは1個当たり安い物でも100円以上はします。

1日に数個も食べれば、コスト的には割高になってしまいます。

味に満足できていればいいのですが、そうで無い場合は高い買い物になってしまいます。

足りない栄養素がある

ベビーフードは、食物繊維が少ないものが多く満足にとることができません。

また脂質の量も成人が活動する為には不足してしまいます。

その結果、栄養不足になってしまう場合があるのです。

リバウンドしやすい

単純に摂取エネルギーを減らせば痩せることはできます。

ですが、このような形で一時的に摂取エネルギーを減らしたのでは、元に戻した途端に、高確率でリバウンドしてしまいます。

ベビーフードダイエットの場合、夕食などで栄養バランスを調整する必要があります。

しかし、ここでバランスを取るのが難しいのです。

せっかく痩せることが出来ても、方法が間違っていて、やめた瞬間に元に戻ってしまったのでは意味がありませんね。

子供 注意

ベビーフードダイエットを行う場合は慎重に

ベビーフードダイエットは、英国栄養士会(BDA)から「してはいけないダイエット」の第5位に選ばれています。

きちんと理解した上で行わないと栄養不足になってしまう危険性があるのです。

またデメリットも多いダイエット方法です。

実際に一部のベビーフードが売り切れてしまい、育児中のおかあさんが困っているという現実もあります。

ベビーフードは野菜やお米を出汁で炊くことで自分で作ることも出来ますから、ベビーフードダイエットをしたいという方は自分で作った方が割安ですし、味も調整できるので、おすすめといえます。

 

しかし、ダイエットにはもっと効果的な他の方法もたくさんあります。

ですから、そちらに目を向けた方が効果的かもしれませんね。

-ダイエット
-

Copyright© ダイエットの口コミや効果的な方法をまとめます。Dietbe. , 2017 AllRights Reserved.