「ベジファーストダイエット」って?

更新日:

同じ食事の内容でも、食べる順番によって血糖値の上がり方が変わってくるのはご存じでしょうか。

「ベジファースト」という食事方法で「ベジタブルファースト」ともいうようです。

“野菜を先に食べる”というルールで食事をするだけで、十分な効果が期待できるんです。

野菜でなくても食物繊維が豊富な食事であればよいので、海藻やこんにゃく、きのこなどでもOKです。

このように食べる順番を意識することで行うダイエットのことをいいます。

野菜

食後高血糖はダイエットにはNG

ご飯やパン、甘いお菓子などを食べた後は血糖値が急激に上がる「食後高血糖」という状態になります。

食後高血糖になると、血中から糖を体に取り入れるホルモンのインスリンが多量に分泌されて、脂肪を余計に貯め込みやすくなってしまうんです。

食後30分たってからどれだけ血糖値のが上昇したかを調べると、サラダから食べた人にくらべて、ごはんから食べた人は2倍近く上昇してしまことがわかっています。
この為、大きな差が出てくるんです。

野菜

ベジファーストに効果が期待できる理由は?

食物繊維を多く含む野菜を先に食べておくと食物繊維の効果で血糖値の急激な上昇が抑えられ、糖質の吸収を抑える働きもあることからインスリンが過剰に分泌するのをふせいでくれます。

さらに、食物繊維を豊富に含む野菜などの食品は、よく噛んで食べる必要があるものが多いため、食事に時間がかかります。

この為に食べているうちに満腹感を得られやすく、食べ過ぎやドカ食いの防止にもなるんです。

これがベジファーストに効果が期待できる理由なんです。

また食物繊維は腸の働きをよくしてくれますのでデトックス効果が期待できます。腸内環境がよいと代謝の向上も期待できますのでダイエットをしやすくなります。

ただし、ドレッシングには糖質を多く含んでいたり、カロリーの高いものもありますので、食べるときに注意してください。ベジ・ファーストの効果が薄くなってしまいます。

ベジファーストの詳しいやり方は?

野菜や海藻など食物繊維が豊富な食材を食事の最初に食べて、ご飯やパンなど糖質が多い主食を後から食べるようにします。

こうすることで食物繊維が糖質を包み込んで腸内での吸収されるスピードを抑えてくれますし、食物繊維のもつ消化のしにくさが食物を胃から腸へ送り出すスピードを遅くしてくれます。

乳製品や豆類、酢を食事の最初に食べると血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。野菜が苦手な人にはおすすめの方法です。

野菜がとりづらい時は食物繊維が多い食品を選ぶ方法もあります。
おかずに納豆や長いもや昆布を選ぶと食物繊維が豊富に含まれているので、野菜が取れないときは乳製品や豆類を摂る方法もあります。

野菜

ベジファーストは朝が効果的という話も

朝に血糖値を上げにくい食事をすると、昼食よりあとの食事でも血糖値が上がりにくくなるそうです。
その為、もしベジファーストを朝食・昼食・夕食のどれかひとつで行うとすれば、朝が理想的なようです。

 

外食でのベジファーストのポイント

青汁丼物や麺類、カレーライスなどの単品の食事は野菜が不足しがちですので、サラダやおひたしなどの小鉢を追加して野菜を補うといいですね。

メニューが選べる場合や、何を食べるか迷ったら定食を選びます。

主食、主菜、副菜に汁物があって品数も多く、必ず野菜が含まれるため、ベジファーストがやりやすいのがポイントになります。
煮物などの場合は、食物繊維が煮汁に溶け出してしまうことがありますので、その時には煮汁も一緒に食べるようにすると効果的です。

野菜100%ジュースや青汁、食物繊維を含んだサプリメントなどを摂取するのも効果的です。

-ダイエット
-,

Copyright© ダイエットの口コミや効果的な方法をまとめます。Dietbe. , 2017 AllRights Reserved.