しっかり寝ないと太りやすくなる! ダイエットには睡眠が大事です。

更新日:

睡眠にダイエットはあまり関係なさそうですが、
毎日きちんと睡眠を取っていれば約300kcalを消費していると考えられています。

しかし、あまり睡眠がしっかり取れていないと消費するカロリーは大きく減ってしまうといわれています。

300kcalを1ヶ月しっかり睡眠で消費していれば、約1kgのダイエットができる計算になりますから、睡眠をしっかりとることはダイエットにもかかせない大事なことになりますよね。

そんなダイエットと睡眠についてです。

睡眠

 

きちんと睡眠でカロリーを消費するにはどうしたらいい?

痩せるための成長ホルモンが活発に活動する時間は22時から3時の間と言われていて、「眠りについた直後の3時間」が、もっとも活発にホルモンを分泌してくれるんです。

ですから、その間に寝ていることが痩せホルモンを活発にするために必要になります。

スキンケアとしてもこの時間は重要な時間ですから、早寝早起きが理想ですね。

理想の睡眠時間は個人差がありますが、7時間前後がもっとも適しているようです。

忙しいとなかなか時間が確保できませんが、しっかりと睡眠をとりたいですね。

 

睡眠に入る前の食事には注意が必要

寝る前に食事をとってしまうと、起きている時よりもカロリーを消費しないので、そのまま脂肪になりやすくなってしまうようです。

寝る4時間前までに食事を済ませておいた方がいいと言われますが、こういった理由から言われているようです。

その為、寝る前の準備もしっかりしておく必要があります。

シカゴ大学の実験で、しっかり睡眠を取ると体内にレプチンというホルモンが増えて、ムダな食欲を抑えてくれるということがわかっています。

食事と運動もしっかりとこなすことが必要ですが、質の良い睡眠を取って規則正しい生活をすることで代謝がよくなれば、ダイエット効果がさらに期待できるようになります。

 

なかなか眠れないときにはどうしたらいい?

目を閉じているのに時間ばかりが過ぎて、なかなか眠れない・・

なんて困る時がある方もいらっしゃると思います。

そんなときには、ベッドをいったん出て温かい飲み物を飲んでみるのがおすすめです。

 

 

・ホットミルクを飲む

もっとも手軽に試せる定番は牛乳ですね。

耐熱性のカップをレンジでチンするだけでホットミルクに。

睡眠によいトリプトファンという成分が多く含まれています。

ホットミルク

 

・豆乳を飲む

豆乳でもオッケーです。豆乳にもトリプトファンが多く含まれています。。

また豆乳に含まれているイソフラボンにはバストアップの効果やアンチエイジング、髪にもよいという成分など、さまざまな体によい成分が含まれています。

豆乳

 

・カモミールティー

カモミールは4千年以上前から薬草として使われていたという歴史のあるハーブです。

もちろんノンカフェインです。

カモミールティーには、神経をしずめてリラックスさせる効果があります。

ただし、菊にアレルギーのある方や妊娠している方、小さいお子さんは避けた方がいいとされていますのでご注意ください。

カモミール

 

ダイエットと睡眠についてのまとめ

眠る前にはスマホやPCの利用を控えて、寝つきが悪い時にはホットミルクや豆乳を飲んだりと工夫をして、しっかり睡眠を取る必要があるようです。

ラベンダーのアロマなどは、寝つきをよくしてくれますので、アロマもおすすめですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

-ダイエット

Copyright© ダイエットの口コミや効果的な方法をまとめます。Dietbe. , 2017 AllRights Reserved.