ホワイトデー 人気のお返しや義理の相場や金額は?

投稿日:

チョコ
チョコをもらった場合、やはりお返しのことが気になりますよね?

日頃の感謝を気持ちにということもありますから、ホワイトデーには、ちゃんとお返しをしておきたいところです。

でも、職場の義理チョコは男性陣にまとめて配られたり、お返しを目当てに配られたりと、さまざまなケースがあります。

お返しの相場はどれくらいなのかといったこともありますし、何を返せば良いのかも気になるところです。

そこで、ホワイトデーのお返しについて紹介していきます。

 

ホワイトデーのお返しの相場は?

職場の女性は、バレンタインに「義理チョコ」とは言うものの、日頃の感謝なども込めて、男性陣に送っています。

女性が期待するお返しについてのランキングを見てみると、41%と約4割は「いらない」と返答しています。

なので、特別な事情が入っていないかぎりは、3倍返し、5倍返しといったケースはまれなようです。
 
おかえしとして欲しい物にも「チョコ・クッキー」と答えた人が43%で、やはり4割となっています。

というわけで、女性陣が期待しているお返しの相場は、もらったものよりもほんの少し価格が高い物から2倍程度が相場になっているようです。

 

もらったけど、お返しをしないのは止めた方が無難

女性陣は、日頃の感謝をこめてということでチョコを渡しています。

ですが、実際に自分が義理のお返しをもらえないとなると、

「私は男性にお金を出して配ったのに、なんだかちょっと悔しいです」

と感じるようです。
 
また、仕事先でのお付き合いの場合もひんぱんに会う方であれば、

お返しをもらって喜ばない人はいませんので、

余裕があればお返しをしておきたいところです。

少々投資をしても、それ以降の仕事がスムーズに運べたり、気持ちよく仕事ができるようになれば、じゅうぶんなリターンが得られます。

 

ホワイトデーのお返しでさけたいポイントは?

義理チョコのお返しで気を付けたいポイントですが、

金額が安いとあきらかにわかってしまうものや、コンビニなどで間に合わせに用意したと思われるものは避けた方が無難です。
 
また、

・形が残るもの

・賞味期限が近い物

・包装されていなかったり、個包装になっていないもの

なども、もらった時の印象がよくないのでNGといえます。

 
ハンカチやマグカップなどは、喜ぶ人もいる場合もありますがセンスの問題もありますし、形として残るのであまり喜ばれないことも多いようです。

また、もらった方も捨てるに捨てられずに困った・・といったことになりかねません。

ですので、やはり食べ物や使って無くなってしまうものの方が送る物としては無難といえそうです。

チョコ (2)

 

ホワイトデーのお返し・人気の義理返しは?

この時期になるとデパートの特設会場などが用意されますので、いろいろなお返しを選ぶことが出来ます。

また、お取り寄せであれば時間が無くてもパソコンやスマホから用意ができます。

 
1.チョコ

チョコレートは多くの女性は好きなものですから定番です。

ブランド物のチョコはキレイな包装のものも多く、価格もリーズナブルなものから用意する事が可能です。

 
2.サブレー・クッキー

手軽に食べられて、職場に配るのにも向いています。

全体に大きな詰め合わせで渡してもいいですし、個人に小さな箱で渡してもOK。

いただいた方もおやつにしたり、小腹がすいたら食べるといったことができます。

 
3.紅茶やハーブティーのティーバッグセット

紅茶のティーバッグは1000円くらいからありますので、女性のウケもよく価格も手頃です。

お菓子をあげる人が多いと予想される場合、かぶることを避けることもできます。

 
4. 入浴剤

ドラッグストアに売っている「〇〇の湯」というようなものではなく、コスメ的なものです。

LUSH(ラッシュ)などのものが人気です。

天然成分でできているので、お肌にも優しく愛好している人が多いのが特徴です。

 

まとめ

ここでもう一度まとめると、

・バレンタインにいただいたものよりも価格の安いものは避ける

・お返しはだいたい2倍程度くらいまでが無難です。
 

義理でいただくのは300円から1000円くらいのものでしょうから、お返しは500円から1500円といったところが相場です。

基本的には女性はスイーツは好きですからスイーツが定番で、ハズレといったことははそうそうないケースが多いです。

でも、お返しが多そうな職場の場合はブッキングの可能性もありますので、スイーツ以外のお返しも視野に入れるのもありかもしれませんね。

 
いずれにしても、お返しをしないのは、

あの人ってケチだよね、などと思われてしまうと以降の人間関係にも影響しますので、

予算の範囲内でいいお返しをすませて、よい印象を残すようにしたいですね。

お返しをしないとなると、相対的に悪い印象を残すことになりますので、避けたいところです。

 
職場での人間関係にもよりますが、

「いつも、ありがとう」

という言葉やメッセージを添えるといった方法もあります。

どうせお返しをするのなら、もらった人が喜ぶものを送りたいですね。

-コラム
-

Copyright© ダイエットの口コミや効果的な方法をまとめます。Dietbe. , 2017 AllRights Reserved.