食事をゆっくり食べると太る?

更新日:

食事はよく噛んで、ゆっくり食べた方がいい

というのがありますが、それと反対に

ゆっくり食べ過ぎると太るなんて話もあったりします。

37
どっちが本当なの?って感じですが、調べてみると

長い時間をかけてゆっくり食べると消化されて

胃がすいてくるので、ついつい量を食べてしまうから、

という理由なようです。
食べ物を食べると血糖値が上がっていって、

急に上がってしまうとインスリンというホルモンが大量に

分泌してしまい太りやすくなってしまいます。
早く食べる人は血糖値が上がりやすいので、

やはり決まった量の食事を少しずつ口に運んで、

ゆっくりよく噛んで食べるのが太らないコツになりますね。
できれば、最初に野菜を食べて、その後にたんぱく質をたべて

最後にごはんやパンといった糖質を食べるのが理想です。

とはいえ、献立によっては、

なかなかそうはいかないこともありますので、

どんな食事を取るのかは、悩ましいところですね。
ハンバーグセットを注文して、最初にサラダはいいとしても

その後にハンバーグを食べて、最後にごはんだけ食べるって

なかなか慣れないと、なじめないですので。

まぁそれは例が悪すぎますけども、

食べるメニューをうまくセレクトすると

効率よくダイエットをすすめられそうです。

 

コーヒーでひといき

 

食事量を抑えるのも必要ですが、

必要以上に減らしすぎて、体に必要な栄養が不足すると

飢餓の状態になってしまって体や内臓の働きが低下してしまいますので、

1日に必要な量のたんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルを

きちんと摂ることが大切になります。

 

飢餓状態になってしまうと身体が脂質や糖質を吸収しようとしますので、

せっかく食事量を抑えたのに効果が低下してしまいますね。

食事量を極端に減らすのは、苦労のわりに報われない結果になって

しまいかねません。

リバウンドなどしてしまっては元もこもないですね。

リバウンドをしない為には

 

食事時間の話に戻しますが、満腹感を感じるのは

食事をはじめてから20分くらい経ってからになります。
コース料理などだと時間をかけて食べることから

ついつい食べ過ぎてしまうことがあるので要注意です。

高カロリーのものを避けているからと、

ついつい食べ過ぎてしまっては意味が無いですね。
少しずつ口に運んでよく噛んで食べる、

空腹だとついつい忘れがちになってしまったりするんですが

それが大事ってお話でした。

 

-ダイエット
-

Copyright© ダイエットの口コミや効果的な方法をまとめます。Dietbe. , 2017 AllRights Reserved.